宮崎特産果実「日向夏」はこうして食べます! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

宮崎特産果実「日向夏」はこうして食べます!

すばる会員

 

 

 

 

★宮崎特産・「日向夏」はこうして食べます!

 

りんごの皮を薄く剥くように、白皮を残すところがポイント。

 

41vJJeszdWL 日向夏

 

 

t_1234_hyuganatu 日向夏の食べ方

 

 

【販売時期についてお願い】

 

宮崎の特産果実「日向夏」の旬は初夏のころと思っていました。

宮崎の友人に聞きましたら、ハウスものの早出しは12月から始まり、2月がピークで3月には販売が終了するといいます。

えぇ、ちょっと待って!

子どものころの記憶では5月ごろに食べた記憶があるのです。

偶発実生として誕生し、明治中ごろ「日向夏」と命名された特産果実です。

どうしてハウス栽培してまで、12月に出荷しなければならないのでしょうか? 

早出しすれば金になる?

しかし12月の販売時期は日本を代表する2大果実である「みかん」と「りんご」の独断場です。さらに最近ではクリスマス需要の「いちご」が加わって激戦シーズン。 とても入り込むスキはありません。

やはり抑制して適性販売時期の5月に戻す必要があるのではないでしょうか? 


この時期は国産かんきつ類の少ない時期ですから、無理なく指定席を確保することができますから・・・。

 

Leave a Response