スーパーの台頭で大きく変わった市場と産地 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

スーパーの台頭で大きく変わった市場と産地

 

 

 

★「すばる会員」入会ご案内 

 

 

 

ダイエーが株式会社一徳を買収して首都圏進出したのが昭和39年1月。


これは小売業にとって大きな変化の幕開けの年であった。それまでスーパーはスーッと出てきてパーッと消えると揶揄されていた。神田市場でも八百屋勢力がまだまだ強かったものの本格的なスーパー時代の到来を予感させた。


そこで青果卸で日本最大の扱い高をする東印東京青果と2位の東京丸一青果が昭和42年に合併して東京青果が設立された。そして東京青果ではスーパー時代に対応するべく開発部をつくり攻めの経営に着手した。


また昭和46年4月、卸売市場法が施行された。新しい取引の目玉は量販店に対応すべくせり取引一辺倒から「予約相対取引」が導入されたことだ。


さらに昭和47年3月、産地側は全購連と全販連が合併し全農が誕生した。

 


Leave a Response